Sleep

Life is stressful and busy. 24 hours a day seems too short. If I sleep enough, I feel guilty for not being more productive. Feeling productive often implies feeling tired from a lack of sleep. By default, the human body regulates itself into 25 hour/day cycles. I often wonder what would happen if society added one more hour to each day. To be sure, the sun’s 24 hour cycle would create problems similar to the near 24 hour days experienced in Alaska, but I wonder if people would lead better lives on average. The average person would probably use the extra hour to work longer, play more, do anything but sleep more. I guess that means that longer days would only add to society’s sleep problems. It is often said that sleeping less came about–and is getting worse–as an unfortunate side effect of technology. If there were no light bulbs, people would have little to do after dark and go to sleep. I have yet to see any proof of this statement.

——————————————————-
IHCWAY クチコミで評判のマンツーマン英会話

Advertisements

IHCWAY英会話講師アーロンの思い 7

この問題の対処法として、エアコンが効いている場所でなるべく長い時間を過ごし、秋の涼しい気候を待ち望むことだ。しかし、食べ物を買いにお店に出かけることや仕事に出かけることは避けることができない。また、天気は時々涼しい秋になるのではないか、といういたずらを与える。夏の間でも、たまに雨が降ったり曇ったりする日がある。そんな時は、じめじめした夏が終わり徐々に過ごしやすい涼しさになっていくのだと思い、私は嬉しくなる。この夏は、そのようなことが何回も起こった。残念なことに、雨や雲が通り過ぎたあと、また夏に戻って私は秋の到来の祈りを再び続けるのだ。
このような話をしているのも、今日は他の日よりもまだ我慢できる涼しさだからだ。
でも・・・明日は?
I cope with this problem by spending as much time as possible in air-conditioned places and hoping for the cooler weather of autumn. However, venturing outside to get to the store for food or to go to work is sometimes unavoidable. Also, the weather sometimes gives false hopes of a cooler autumn.
Even during summer, there is an occasional day of rain/cloudyness. On these days I rejoyce, thinking that the worst of the summer humidity has passed and the days will slowly grow cooler, more bearable. This has happened several times this summer. Unfortuneately, right after the rain or clouds pass, summer came back and I resumed my prayers for autumn’s arrival.
I bring this up because today is cooler and at least bearable…….but tomorrow?

IHCWAYクチコミで広がるマンツーマン英会話

IHCWAY英会話講師アーロンの思い 6

秋のはじまり?
東京の夏は、耐えられないほど暑く、湿度が高い。ハワイという、年中温暖で暑い国の出身なのに、なぜこの暑さは耐えられないのかと、たくさんの人が私に尋ねる。私は暑さが気になるのではない、この湿度が耐えられないのだ。東京の夏の日中(と夜)は、水の爽快さを感じられるプールの代わりに息苦しい暑いプールの中で泳いでいるようだ。この湿気は、暑さを拡張させ、日陰に座っていても汗をかくぐらいだ。
A Start to Autumn?
September 11, 2008 · Leave a Comment
Summer in Tokyo feels unbearably hot and humid. Many people ask me why I can’t stand the heat since I’m from Hawaii, a place where the weather is warm to hot all year round. My answer to such questions is that the heat itself does not bother me; it’s the humidity that I can’t handle. Tokyo summer days (and nights) feel like walking through a swimming pool, but with the cool relief of the water replaced by a suffocating heat. The humidity only amplifies the heat, making me sweat even when sitting in the shade.

IHCWAYクチコミで広がるマンツーマン英会話

IHCWAY英会話講師アーロンの思い 5

英語を学習する人が誰の英語をまねようとすることは関係なく、理解されることが最も重要なことである。伝えたいと思うことをはっきり伝えることができるのならば、あなたの英語のコミュニケーションスキルは多分、(自分を含む)多くのアメリカ人よりも高いでしょう。
本文をお読みになられた言語学者で、私の「真の英語」の実在性に関する思索がお気にさわることがありましたらお許し下さい。
Regardless of whose pronunciation learners of English try to mimic, the important thing is to be understood. If you can make your point clearly, your communication skills in English are probably better than many Americans (possibly including myself 🙂 ). My apologies to linguists who may have been offended by my suggestion of the existence of a “true English”.

IHCWAYクチコミで広がるマンツーマン英会話

IHCWAY英会話講師アーロンの思い 4

一方では、英国と米国の英語話者の数は停滞気味である。インドと中国の話者がどのような英語を作り上げようとしているかは別として、この国々はそれぞれ異なる「英語」を構築してきている。それに加え、これらの国の経済的・政治的な影響は拡大してきている。
このふたつの視点から、これからはインド、または中国で話されている英語が主流になることが推測できる。したがって、英語を学習する人たちは英国か米国の英語の発音を学習するよりも、インドか中国の英語の発音を学習したら良いでしょう。
On the other hand, the number of speakers in the US and Britain are stagnant. Despite what they may aspire to, the English speakers in India and China speak their own versions of English (Indian English and Chinese English). In addition, the economic and political power of these countries is expanding. These two facts seem to suggest that the most favored version of English will change to Indian or Chinese English. So perhaps learners of English should try to master the pronunciations of Indian or Chinese English speakers rather than American or British speakers….

IHCWAYクチコミで広がるマンツーマン英会話

IHCWAY英会話講師アーロンの思い 3

私がこのトピックについて書いているのは、つい最近英語について興味深いこと言った人の一言がきっかけとなった。
英語を学習する多くの人は、英国または米国の英語のどちらかを学習すると思われている。しかしながら、近年においては他の国々の英語を学習者の数が英国と米国のネイティブ・スピーカーの数を上回った。このその他の国々の中でも、インドと中国の英語話者が著しく増えてきている。
I am writing about this topic because not so long ago, someone said something interesting to me regarding English. It is thought that many learners of English aspire to either American or British English. Recently, however, the number of native English speakers from America and Britain have been outnumbered by the number of English learners in other countries. Of these other countries, India and China are most noteworthy because the number of English speakers in India and China are growing rapidly.

IHCWAYクチコミで広がるマンツーマン英会話

IHCWAY英会話講師アーロンの思い 2

しかし、言語は常に進化しているため「真の英語」の定義というのは定めにくく、英語という言語と過去の英語の間に境界線が引きにくい。
おそらく「真の英語」というものは、英語を学習する者と英語を母国語とする者によって作り上げられるものであり、すべての英語話者が知識として持つことを望む英語の語彙・言い回し・発音のコレクションである。「真の英語」というのは多分、大半の英語話者によって話され、理解されている英語であり、今の時代において最も便利とされている英語のかたちなのだろう。
However, this meaning for “true English” is problematic because languages are always evolving and there may not be a clear line dividing the English language and its predecessors. Perhaps “true English” is that which is aspired to by both learners and native speakers; it is a collection of English words, expressions, and pronunciations that all English speakers wish to posses. Maybe “true English” is the English that is spoken and understood by the most people; the English that is the most useful in today’s world.

IHCWAYクチコミで広がるマンツーマン英会話